2010年10月21日

代々木八幡宮 -東京のパワースポット-

代々木 東京のパワースポット代々木八幡宮のある代々木とは・・・

代々木一丁目・二丁目のビル群一丁目
代々木ゼミナールなど予備校や専門学校が多い。代々木駅に近く、商業地という側面が強い。

二丁目
北部は新宿駅南口に近く、高層化の進むオフィスや商業施設の商業地が多くを占める。

三丁目
かつては山谷町と呼ばれた地域である。住宅街が大半。

四丁目・五丁目
明治神宮や代々木公園が近く、静かで落ち着きのあり、マンションが多い住宅街が広がる。また、坂も多い。現在は暗渠化されているがここに河骨川(こうほねがわ)という小川が南北を貫き、西原から流れてくる宇田川と代々木八幡宮付近で、渋谷の宮下公園付近で渋谷川と合流して東京湾に注いでいた。唱歌「春の小川」は、この河骨川を見て作詞されたとされており、記念碑が建てられている。パワースポット代々木八幡宮は代々木5丁目にあります。

代々木神園町
(よよぎかみぞのちょう):明治神宮と代々木公園に対して与えられる住所である。面積は120万m2以上に及ぶものの、この住所に居住する住民はきわめて少ないものと思われる。

元代々木町
(もとよよぎちょう):坂の多い住宅地である。道路は山手通りが近く、駅は小田急線の代々木八幡駅と代々木上原駅が近い。

上原、西原、大山町
(うえはら、にしはら、おおやまちょう):これらの地区は一般に「代々木上原」と括られる住宅地である。富ヶ谷も含め、隣接する渋谷区、目黒区、世田谷区の住宅地へと続く。大山町は、(水戸)徳川家子孫の屋敷があるといわれており、地元では徳川山と呼ぶ。上原、西原、大山には戦後、アメリカ軍関係者の邸宅と思われるプールやテニスコートがあり広い芝生の庭つき住宅が点在した。むかしから芸能人の多く住む町でもある。現在、渋谷区スポーツセンターのある場所は、持ち主が国に体育振興に役立ててほしいと寄付したことで、文部省体育研究所ができ、その後、文部省の体育の専門学校ができ、戦後は東京教育大学体育学部として体育指導者を養成していた。学園紛争時には機動隊が正門に立っていたこともある。昔の写真によると、このあたりは牧場が広がっていたらしい。

2010-10-06No(028).jpg

鳥居をくぐり境内へと入る。都心の代々木とは思えないような清閑な雰囲気に包まれています。
これぞパワースポットの持つ象徴的な雰囲気。
posted by 松本支配人 at 14:35| Comment(0) | 代々木八幡宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。