2010年10月23日

代々木八幡宮 -東京のパワースポット-

代々木八幡宮の御朱印

代々木八幡宮の御朱印.jpg

受付時間
TEL:03-3466-2012、午前9時より午後5時まで


代々木八幡宮は草創以来、社僧の手によって管理されてきました。当社の別当寺であった福泉寺の文書によれば、 天保元年(1644)伝養律師という方が中興開山として天台宗に改め、次いで二世の僧が社殿、植林などの整備を行い、 三世の長秀法師の代に現在の場所へ奉遷したといわれています。これは大和国岩掛城主・山田政秀の第六女、 紀州家側室・延寿院殿が甥であった長秀法師のために社地六千坪を始めとする数々の寄進をしたことで実現しました。
明治維新以降、神仏習合が禁止され代々木八幡宮は村社に列せられました。 江戸時代からの稲荷社、天神社の末社に加え、旧代々木村にあった小さな神社が合祀され、 天祖社(天照大神)と白山社(白山大神)が八幡さまの配座に祀られることになりました。

東京都内有数のパワースポットとして知られるようになりました。


posted by 松本支配人 at 00:09| Comment(0) | 代々木八幡宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。