2012年10月03日

皇居外苑

富士山からの強い気が集まった東京での最強スポットが皇居と言われています。
最もつよいパワーをチャージするには皇居内へと入らねばなりませんが、一般参賀などの特別行事でないと入ることはできません。

皇居外苑はいつでも入ることができますのでここで気のパワーをチャージしましょう。

霞ヶ関方面の桜田門から入ります。
11bc7b86-s.jpg


桜田門の交差点を渡り霞ヶ関方面を見渡す。右は警視庁

e4f834fc-s.jpg

ここが桜田門 このあたりから結界の中に入ったような静寂な雰囲気を感じ取ることができます。
歩行者は通り抜け自由ですので、皇居マラソンを楽しむ人たちもたくさんいました。

パワーチャージするにはこの桜田門からスタートするのがよいらしい。

8d28de31-s.jpg

歴史の授業で習いました「桜田門外の変」についての案内を読みつつ場内へと・・・

87f78fa1-s.jpg

ここからいよいよ皇居外苑へと入ります。

ce875e7e-s.jpg

ここからはすっぽりと異次元に入ったかのような空間となります。外部(俗社会)とはシャットアウトされています。

dca14551-s.jpg

ビル群の中にあってもとても静かな空間

ce875e7e-s.jpg

お濠に沿って歩きます。

56449603-s.jpg

この二重橋付近が一番パワーが強いそうです。ここで深呼吸を・・・

a93d843d-s.jpg

皇居外苑は砂利になっているのですが、中央部のみ舗装されています。ここがラッキーゾーンだそうです。
このラッキーゾーンを歩きましょう。


皇居外苑内を散策していると、なんとなくですが特にパワーの強い場所を感じることができます。特に水辺に多く感じますね。

ご自身で行かれて体験してみてください。

イチオシのスポットです。

パワースポットは自然が形成した場所と言うイメージが有りますが、風水を利用して設計、構築した人工的に造られたパワースポットも数多く存在します。

東京の皇居、京都の二条城、沖縄の首里城などがこれにあたります。ここには王すなわち支配者が住んでいました。
支配者にパワーが授かる様にと人工的に造られたのです。

パワーが授かる建造物を造る際に、風水をあてはめて、その場所が相応しいか、木や道を作り込んで邪悪な気を跳ね退け、良い気を取り込む様な設計をしています。

現在利用されている風水は、家族が、もしくは自分自身がよりよく暮らしていく為の知恵と言う比較的小さな規模で使われていますが、実際に風水を使って人工的にでもパワースポットを作り出す事が出来ると言うのは凄い技術だと思います。

風水上では龍が王の化身として考えられています。
龍が通る所に水呑場を作り、龍が住む場所を龍穴として中心に位置させる。
この龍穴をパワースポットと意味付けているのです。

日本ではこの龍穴を守ると言う意味合いで神社やお寺が建てられているとも言われており、それに基づいて神社やお寺が建立されました。
例えば東京にある皇居ですが、ここは日本の王、つまり天皇がいる龍穴に位置します。それを守る為に日光にある日光東照宮や箱根があると言われているのです。

京都では鞍馬山や貴船神社が守っていると言われています。
これらは中心となっている龍穴を守り、パワーを龍穴に集める為にあるのです。
このようにしてパワースポットは出来ているのです。

posted by 松本支配人 at 09:54| Comment(0) | 皇居外苑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。