2012年10月03日

金刀比羅宮東京分社

金刀比羅宮東京分社は水道橋の駅から徒歩5分のところにあります。

2011-10-19No(064).jpg

虎ノ門金乃比羅宮とはうって変わって学校と住宅地の中に位置しています。

2011-10-19No(068).jpg

境内は「都会の中のオアシス」といった感じで、周りの雑踏から遮断されています。

2011-10-19No(069).jpg

讃岐のこんぴらさんのれっきとした分社なのだ。

文政2年、板橋 市左衛門の邸内祠として祀られたのにはじまり、明治13年、神社として認められ、明治21年に当宮境外末社に加えられました。明治23年には神田和泉町にあったものを、深川古石場町に移転、「深川のこんぴらさん」として親しまれていました。しかし、昭和20年、戦災にあい建造物を焼失。讃岐高松藩の邸内社として奉斎されていた水道橋金刀比羅神社と深川のこんぴらさんを合わせ祀り、昭和39年、文京区本郷に遷座。以来「水道橋のこんぴらさん」として親しまれています。

御祭神
大物主神・倉稲魂神(うがのみたまのかみ)
御鎮座地
東京都文京区本郷1ー5ー11
(電話 03−3811−2038)
例祭日 5月19・20日
年間祭典
1月10日:初十日祭
2月3日:節分祭(佐渡ヶ嶽部屋の力士による豆まき)

交通
JR「水道橋」下車〜徒歩5分
都営地下鉄三田線「水道橋」下車〜徒歩3分DSCN4967.jpg
posted by 松本支配人 at 11:31| Comment(0) | 金刀比羅宮東京分社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。