2012年10月03日

麻布飯倉交差点

ここはかなりレアなスポットになります。

こちらのサイトを見つけて以前から気になっていました。
↓↓↓↓
http://happy-smile-sp.at.webry.info/201002/article_13.html

交差点がパワースポット?

どんな交差点なんだろうとずっと思っていたのですが、今回念願かなってやっと訪れることができました。

2011-10-19No(004).JPG

ここが麻布飯倉交差点です。手前が霞ヶ関方面で信号の向こうは三田方面で左は東京タワー方面で右は六本木方面ということになります。
2011-10-19No(006).jpg
前後の道路(国道1号線)は交差点が頂点となっており、左右の道路(外苑東通り、六本木─東京タワー)は交差点が谷底となっているという、地形的にもとても珍しい交差点です。

2011-10-19No(001).JPG

正と負が交差する場所はパワースポットによく記される陰陽の記号対極図みたいです。


なんだかパワースポットらしい話になってきましたね。

このことを知って実際に訪れてみると「なるほどなぁ」ということに気づきます。

2011-10-19No(013).jpg

東京タワー方面から下ってくる気の流れと

2011-10-19No(008).jpg

皇居方面からの上ってくる気の流れとが交差するのが


ここ麻布飯倉交差点なんですね。

スピリチュアルカウンセラー佐野さんは「ここを流れるエネルギーは汚れた状態」だと言います。確かにこの交差点を訪れても結界を敷いたような神聖な雰囲気を感じることはできませんでしたし、心身が洗われるような気分にもなりません。

パワースポットに興味のある方なら一度は訪れてもいいでしょう。

場所はこちら

posted by 松本支配人 at 11:45| Comment(0) | 清正の井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宿十二社熊野神社

【由緒 】
新宿十二社熊野神社は中野長者という室町時代の紀州出身の商人・鈴木九郎によって応永年間(1394年 - 1428年)に創建されたものと伝えられている。(天文・永禄年間に当地の開拓を行った渡辺興兵衛という人物が祀ったという異説もあり)鈴木九郎は代々熊野神社の神官を務めた鈴木氏の末裔で、現在の中野坂上から西新宿一帯の開拓や馬の売買などで財を成し、人々から「中野長者」と呼ばれていた。鈴木九郎は当初自身のふるさとである熊野三山の若一王子を祀ったところ、商売が成功し家運が上昇したので後に熊野三山から十二所権現をすべて祀るようになったのが始まりとされている。付近の地名「十二社」(じゅうにそう)はこれに因んでいる。この地名は現在でも通り(十二社通り)や温泉(新宿十二社温泉)の名などに見られる。
2012-07-09No(002).jpg

神社境内には大きな滝があり、また隣接して十二社池と呼ばれていた大小ふたつの池があり、江戸時代には付近は江戸近郊の景勝地として知られていた。江戸時代には熊野十二所権現社と呼ばれていた。江戸時代あたりから付近には茶屋や料亭などが立ち並びやがて花街となっていった。最盛期には茶屋や料亭が約100軒も並んでいたという。この賑わいは戦前まで続いていた。

その後明治時代に入り名が熊野神社となり、その後神社の滝や十二社池は淀橋浄水場の造成や付近の開拓により姿を消し景勝地としての様相は徐々に見られなくなっていった。しかし、熊野神社はその後付近が日本有数の高層ビル街と変貌した現在でも新宿一帯の守り神として人々から信仰を得ている。

祭神:櫛御気野大神・伊邪那美大神
新宿十二社熊野神社は新宿中央公園の一角にあります。行ってみるとよくわかりますが、「ここが本当に新宿の真ん中なのか!」と思うほど静かで清閑としたところなんですね。
雑踏を避けてこの空間へ立ち入ると、都会の中ですっぽりと「時間の止まった空間」を体感できます。

新宿中央公園にはナイアガラの滝もあったりして癒し効果抜群!

一歩敷地から外れると雑踏の世界となります。



posted by 松本支配人 at 11:36| Comment(0) | 清正の井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

清正の井 -東京のパワースポット-

これが清正の井です!
清正の井

なんて素晴らしいんでしょう!!驚
この透き通った水のキレイなこと・・・
大都会東京の中心にこんなにもキレイな泉があったとは信じられません。
「4〜5時間待たないとたどり着けない」なんて聞いていましたので、明治神宮へ行っても清正の井へ行くのはあきらめていたのですが、御朱印をもらうまでの時間が空いてしまったのでなんとなく行ってみたら待つこと20分で清正の井を拝むことができました。

ツイている時はこんなもんでしょうか?

清正井は手相芸人の島田秀平さんがそのブームの火付け役となりました。
氏が手相の仕事を始めるようになってから偶然立ち寄ったそうです。初めて立ち寄った時には一気に心が安らいでいったそうです。以来、月に何回か通うようになったとのこと。そうしたら仕事がたくさん入ってくるようになり、知り合いの芸能人の方々に「清正井はすごくいいからぜひ行ってみてください」とすすめるようにしたそうです。
井戸の写真をケータイの待ち受けにするようにしたら、レギュラー番組が決まったとか、連ドラの出演が決まった等々よき知らせが届くようになったそうです。

この泉を見ていると滾滾と湧く清らかな水が不浄なものを流してくれそうな気持ちになります。

清正井へは明治神宮でしっかりと参拝してから行くようにしましょうね。
posted by 松本支配人 at 06:00| Comment(0) | 清正の井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。