2011年01月27日

東京大神宮 -縁結び東京のパワースポット-

 東京大神宮は縁結びのパワースポットとして最近異常なまでの人気の神社です。

最寄り駅はJR飯田橋で、そこから歩いて10分ほどのところにあります。


2010-10-06No(158).jpg

この日もたくさんの若い女性が参拝に訪れていました。

2010-10-06No(161).jpg

この日は平日の昼間なんですが、ひっきりなしに若い女性が訪れて来ます。いろいろなパワースポットを回ってきましたが、こんなにも若い女性ばかりというスポットはここだけです。

東京で婚活&結婚式と言えばここ!東京大神宮

というくらい若い女性に人気があるのが東京大神宮なのです。大河ドラマ『篤姫』の主演をされた宮崎あおいさんが結婚式を挙げられたことからさらに注目を浴びることとなりました。

東京大神宮ではいろいろなお守りが売られていますので、どれにしようか迷ってしまいそうなのです。一番のオススメは「結び札」という木札でできた恋愛成就のお守りです。このお守りはパチンと割り箸のように真ん中から二つに割ることができ、ひとつは神社に奉納してもうひとつは自分が持って帰るんです。こうすることで神様との縁が深くなって、恋愛運が上がると言われています。

2010-10-06No(167).jpg

本殿の近くには木で囲まれた椅子が置いてあり、ここでカップルが語りあうと二人の愛はより深まると言われています。

2010-10-06No(166).jpg

ここのおみくじは『恋みくじ』 和紙でできた人形は、着物も顔も少しずつ違っている。「恋愛を成就させるためのアドバスが書かれています。」

2010-10-06No(162).jpg

立派な御神木が境内にあります。

東京大神宮

御祭神 天照皇大神・豊受大神を主祭神とし、天之御中主神・高御産巣日神・神御産巣日神・倭比売命を相殿に祀る。

由緒 明治5年(1872年)に開設された神宮司庁東京出張所(伊勢神宮の事務機関である神宮司庁と東京の教部省との連絡のための出張所)、および、翌年その構内に開設された東京神宮教会(伊勢神宮の教導機関である神宮教院の東京支部)の両所にあった神殿を継承して、明治13年(1880年)4月17日、有楽町の大隈重信邸跡に落成した皇大神宮遙拝殿が当社の起源である。これは、当時の明治政府が目指していた祭政一致・大教宣布の一環として作られたものであった。

明治15年(1882年)1月、明治政府の方針転換により神社と宗教活動は分離することとなり、伊勢神宮でも神宮司庁と神宮教院を分離することとなった。皇大神宮遙拝殿は神宮教院に属することとなり、同年5月、神宮教院が神道神宮派に改称する際に、当社も大神宮祠と改称した。一般には、所在地名から日比谷大神宮と呼ばれていた。明治32年(1899年)神道神宮派が解散して新たに神宮奉斎会が作られ、当社は神宮奉斎会本院と改称し、神宮奉斎会の本部機関となった。尚、三重県伊勢山田には神宮教院大本部が置かれていた。大正12年(1923年)の関東大震災で社殿を焼失し、昭和3年(1928年)、現在地に再建・遷座して、以降は飯田橋大神宮と呼ばれるようになった。上述のように、第二次大戦以前は神社という形ではなかったので、社格の指定はない。

第二次世界大戦後の昭和21年(1946年)4月、宗教法人東京大神宮として再発足した。


posted by 松本支配人 at 06:19| Comment(2) | 東京大神宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。